東京干潟&蟹の惑星ブログ

多摩川河口干潟を舞台にした連作ドキュメンタリー映画「東京干潟」と「蟹の惑星」の情報をお伝えします。

今後の上映予定です!

「東京干潟」&「蟹の惑星」の今後の上映予定です。 10月5日(土)〜10月18日(金) 横浜シネマリン 10月12日 (土) 山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本プログラム (東京干潟の上映になります) 10月19日(土)〜11月1日(金) 名古屋 シネマスコーレ 10…

おじいさんと見た“東京”

ポレポレ東中野での「東京干潟」の上映もいよいよ残すところあと2日となりました。明日の最終日は主役のシジミのおじいさんが舞台挨拶にいらして下さいます。ロングランの締めはやはりこの方にお願いすることにしました。実は公開2週目に入ったところで、…

アンコール上映決定!さらに村上監督特集上映も開催!!

「東京干潟」「蟹の惑星」おかげさまで連日盛況&好評につき、上映期間が大幅に延長されることになりました。 これもひとえに映画をご覧くださいましたお客様、応援していただいた皆様のお力のおかげです。 本当にありがとうございます。 心より感謝いたしま…

存在そのものが“批評”であること

久しぶりのブログ更新で、恐縮です。 おかげさまで「東京干潟」「蟹の惑星」無事公開を迎え、連日多くの皆様にご覧いただいております。 観て下さったお客様から、たくさんの称賛と激励のお言葉を頂戴し、何よりの励みとなっております。 あらためてこの映…

出会いを集めて映画は生まれる

(この画像は写真家の小西修さんに撮っていただきました)映画は出会いから始まります。 特にドキュメンタリ―映画の場合、対象となる人や事物、出来事などカメラに収まってくれる存在がないと作品が成り立ちません。 対象との出会い、それが映画製作の第一歩…

見えない繋がりを捉える

以前もこのブログに書きましたが、私が今回2本のドキュメンタリー映画を作るきっかけとなったのが、多摩川河口の干潟の風景でした。 都会の最涯てにひっそりと現れては消える干潟という空間は、まさに文明と自然の境界であり、都市の中にこのような場所が…

編集は人の目にさらしてこそ磨かれる

昨日はひとりで撮影する意味について書きましたが、今回は撮影後の編集について書いてみようと思います。 私の場合、編集も自分ひとりで行います。 ドキュメンタリ―映画の場合、ドラマのようにあらかじめシナリオがあるわけではありません。 無論、事前の下…

ひとりでしか撮れない映画

映画というものは、多くの人の力を結集して作られるものです。 プロデューサー、監督、撮影、照明、録音、美術、衣装、ヘアメイク、小道具、大道具、特機、車両、制作、記録、俳優…その他多くのスタッフにより映画作りは支えられています。 ドキュメンタリ…

【動画】川と海の狭間に暮らすものたち(「蟹の惑星」未公開映像)

川と海の狭間に暮らすものたち:「蟹の惑星」未公開映像(ドキュメンタリー映画「蟹の惑星」PRESENTS) 河口は川が海に流れ込む場所です。 ここは汽水域といって、淡水と海水が混じっている場所です。 多摩川河口の汽水域の干潟には様々な生き物が暮らしてい…

【動画】前に歩くカニ!(「蟹の惑星」未公開映像)

前に歩くカニ!「蟹の惑星」未公開映像(ドキュメンタリー映画「蟹の惑星」PRESENTS) カニの特徴は横に歩くこと。 でも、何と前にも歩けるカニが干潟にはいるんです。 さらに、そのカニは忍者のように地中に隠れます。 その名はマメコブシガニ。 不思議なカ…

チアーるTV 自主映画のチカラに出演しました!

自主映画のチカラ『東京干潟・蟹の惑星』村上浩康監督 チアーるTVの映画番組、自主映画のチカラに出演しました! どうぞご覧ください!! 収録では勢い余って、勝手にペラペラとしゃべりまくってしまったのですが、 MCの土屋豊監督や加藤るみさんに暖かく導…

【動画】岸辺のコンクリートに潜むのは?(「蟹の惑星」未公開映像)

岸辺のコンクリートに潜むのは?「蟹の惑星」未公開映像(ドキュメンタリー映画「「蟹の惑星」PRESENTS) 「蟹の惑星」には多摩川河口の干潟に暮らす様々なカニたちが登場しますが、今回は惜しくも紹介しきれなかったカニの未公開映像をご覧いただきます。 …

共生と祝祭の境地

先日行った「東京干潟」のマスコミ向け試写会ですが、おかげさまでご来場くださった皆様には大変好評で、お褒めの言葉や上映に向けての励ましの声を頂戴いたしました。 なかにはご丁寧に電話やメール、手紙で感想を送ってくだった方もいらっしゃいました。 …

劇場に干潟が出現しました!!

昨夜、ポレポレ東中野で劇場スタッフの小原さんと共に「東京干潟」と「蟹の惑星」の上映チェックをさせていただきました。 ポレポレ東中野の大スクリーンに見事に干潟が出現しました。 鮮明な映像と臨場感あふれる音響が、見る人をきっと魅惑の世界にお連れ…

【動画】「蟹の惑星」の住人たち

「蟹の惑星」の住人たち(ドキュメンタリー映画「東京干潟」「蟹の惑星」PRESENTS) 「蟹の惑星」に登場するカニたちの驚くべき生態をダイジェスト映像で紹介します。 映画の中では、このカニたちをさらに詳しくじっくりとお見せします。 そして多摩川で15年…

ビデオサロン「ドキュメンタリー映画監督に訊く」で掲載されました!

月刊誌ビデオサロンがウェブ上で連載しているシリーズ「ドキュメンタリー映画監督に訊く」で私のインタビュー記事が公開されました。 videosalon.jp 長時間にわたって取材をしていただき、とりとめもなく勝手にしゃべり続けた私の話をこのように素晴らしく…

【動画】多摩川のトビハゼ

多摩川のトビハゼ(ドキュメンタリー映画「東京干潟」「蟹の惑星」PRESENTS) 多摩川河口の干潟にはカニ以外にも様々な珍しい生き物が暮らしています。 その中からトビハゼを動画で紹介します。 姿も動きも生態も、とてもユニークなトビハゼですが、今多摩川…

上映時間&上映期間中の催しのご案内

いよいよ「東京干潟」「蟹の惑星」公開まで、あと2週間となりました。 ポレポレ東中野での上映期間と上映時間が確定しましたので、お知らせいたします。 変則的で少しややこしいのですが以下の通りです。 上映は7月13日(土)から8月2日(金)の3週間になり…

なぜ水辺とおじいさんなの?②(自分を使い尽くす)

水辺を舞台におじいさんばかり撮っていることについて、昨日は“水辺のわけ”を書きました。 それは水辺が生命活動の場であるということでした。 では、おじいさんについてはどうなのか。 おじいさんとは、つまり老人ですので、彼らは生命活動の終盤に向き合っ…

なぜ水辺とおじいさんなの?①(人間以外の世界を見る)

私のこれまでのドキュメンタリ―映画は、なぜか水辺を舞台に、おじいさんを主役にした作品ばかりです。 「流ながれ」(2012年)では、カワラノギクという絶滅しかかっている植物をたった一人で河原に復活させようとしている吉江啓蔵さんと、地元の川で環境調…

ドキュメンタリ―映画はこうして生まれる(私の場合です)

今回は私が監督した過去のドキュメンタリ―作品のうち、「東京干潟」と「蟹の惑星」に特に影響を与えた2本をご紹介します。 ひとつは、今から7年前の2012年に完成した私の初めてのドキュメンタリ―監督作品「流 ながれ」です。 公式サイト www.nagale.info こ…

門真国際映画祭2019で「東京干潟」が上映されます!

門真国際映画祭2019公式サイトwww.kadoma-filmfes.com 上映のお知らせです! 「東京干潟」が門真国際映画祭2019で上映されます! 門真国際映画祭は、大阪府門真市で開催される国際映画コンペティションで、そのドキュメンタリ―部門に「東京干潟」が選ばれま…

【動画】都会のゴミは干潟に流れつく

都会のゴミは干潟に流れつく(ドキュメンタリ―映画「東京干潟」&蟹の惑星」PRESENTS) 多摩川河口の干潟は東京の最下流です。 ここには都会の人々の生活から排出された様々なゴミが流れつきます。 干潟に来て一番最初に目にとまったのは、岸辺やアシ原に散…

「蟹の惑星」はカニづくし

「蟹の惑星」ってどんな映画なんですか?とよく聞かれます。 「蟹の惑星」は多摩川河口の干潟で15年に渡ってカニを観察し続けている吉田唯義さんとカニたちの驚くべき営みを見つめていくドキュメンタリー映画です。 その内容を“カニ”というキーワードでく…

干潟に猫が生まれました。

1ヵ月前、干潟のおじいさんの家にいるハヤブサが子猫を4匹生みました。 おじいさんは、自分のところにきた捨て猫のうちメスがいると、ボランティアの方々に頼んで、繁殖しないように避妊手術をしています。 ただでさえ、次々と捨てられる猫たちの世話で経済…

【動画】縁起物!干潟からの初日の出

多摩川河口の初日の出(ドキュメンタリー映画「東京干潟」PRESENTS) 今日は多摩川河口干潟から見える初日の出の動画をご覧ください。 初日の出の名所として多くの人に親しまれている多摩川河口。 元日には地元のボランティアの方々が、多摩川産のシジミ汁を…

もっとカニに近づきたい!

干潟でカニを撮るにあたって、私が命題としたのは“接写”、つまりなるべく近寄って撮影することでした。 その方法論を徹底したことにより、肉眼では見えないカニの造型の面白さと色彩の美しさをカメラに収めることが出来たと思います。 実は私は実際に干潟で…

【動画】干潟の家の猫たち

干潟の家の猫たち(ドキュメンタリー映画「東京干潟」PRESENTS) 「東京干潟」の主人公・シジミ獲りのおじいさんは、多摩川に捨てられたたくさんの猫たちと共に暮らしています。 その中から、映画に登場した猫たちを動画で紹介します。 (未公開映像もありま…

ホームページ完成しました!(小西修さんから寄稿文をいただきました)

higata.tokyo おまたせしました! 「東京干潟」と「蟹の惑星」のホームページが完成しました! 以下よりアクセスできます。 https://higata.tokyo/ ホームページには作品情報や公開情報、予告編、私のインタビュー、そして作品に寄せられた様々なコメントを…

「蟹の惑星」へ誘う音楽の魅力

今日は「蟹の惑星」の音楽について書こうと思います。 「蟹の惑星」はマリンバ演奏者の田中舘靖子さんに音楽をお願いしました。 私は自分の映画に極力音楽をつけないようにしています。 なぜなら、音楽は人間の感覚に直接響き、聴く人の心にダイレクトにしみ…